FC2ブログ

照光寺

01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29.»03

このページの記事一覧

  • 2012/03/13  雪駄 

雪駄 

今日も冷たい空気に覆われ、小雪の舞う肌寒い陽気の一日となりました。

               *各画像はクリックでそれぞれ拡大します!
        2012年3月13日 002

午前中は、内池地区のIさん宅の月参りに寄せていただきました。

             2012年3月13日 003
                     ↑Iさん宅のお内仏(仏壇)

日々のお参りの際に用いる履物として欠かせないものが、雪駄(せった)です。

雪駄をいつの頃から履くようになったか定かではありませんが、 一説には室町時代の末頃からで千利休の考案といわれています。

雪駄は雪踏とも書くように、草履で雪の上や湿気の多い路を歩いても、 水気が表にしみ通らないようにするためや、かかとの部分が早く傷むのを防ぐための補強工作として裏に皮をはるようになりました。

        雪駄

雪駄の履き方で最も粋とされるのが、かかとをだして履くということで、かかとを出しやすくするために雪駄自体は若干小さめに作られています。*雪駄の履き方は→コチラ

最近では和装の際だけでなく、デニムやショートパンツに雪駄を合わせて履く方も増えてきているようです。

春から夏にかけて暖かくなるこれからの季節、ますます雪駄が重宝してくれそうです。

                     P1300221.jpg


スポンサーサイト



カテゴリ: 日記

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoukouji2.blog.fc2.com/tb.php/57-69e4a118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)